IA/VT -COLORFUL-

昨日、発売された IA/VT -COLORFUL- ですが、延期でいつになるのか

不安ではありましたが、その分プレイするのが楽しみでもありました。

プレイして感じた事を書こうと思います。

あくまでも個人的な感想ですので、悪しからず。

そして、興味がない方、申し訳ございません。

 

 ●マーカーが判りにくい

VOCALOIDの音楽ゲーム(音ゲー)シリーズで比較すると

miraiのボタンや操作に似ています。

しかし、何よりもマーカーが小さくて見えにくい。

DIVAでは矢印マーカーは矢印の形ですがIA/VTは丸です。

小さい+マーカーがどちらか判りにくい

 DIVAみたいに「○」と「→」の見分けがつかないので

1画面の譜面を瞬時に覚えるのが難しい。

また、miraiみたいにボタン表示が大きくもないので

非常に判別するのが難しい。

直前まで十字キーなのかボタンなのか見えませんでした。

マーカーが似ているmiraiは問題なくプレイできていたので

視力のせいではある気がします。

更に、色と形で瞬時に覚えてプレイしていた私には厳しかったです。

目がマーカーに慣れるのに少し時間がかかりそうです。

マーカー拡大機能、探しが足りないだけでどこかにあるかな・・・。

 

●判定が甘い

判定の範囲が広いのでCOOLをとりやすい。

判定が甘すぎるのでもっとシビアの方が良かったと

感じたけど、幅広いユーザーが遊ぶ事を想定すると

甘くなってしまうのでしょう。

なので、ボタン間違えた!と思った瞬間に

正しいボタンを押すと間に合います。

 但し、判定はCOOLではなくなります。

無理だ!と感じる複雑な譜面はなかったので

全てCOOLを狙い100%にしていきたいです。

 

●1曲のプレイ時間が長い

DIVAと比較すると、1曲が長い。

5分以上の曲もあり、間奏中は譜面なし。

PVを鑑賞しながら休憩ができます。

嬉しい反面、集中力が持ちませんでした!

休憩していると集中力がどうしても切れるので

フルコン(最初から最後までコンボが繋がっているミスのない状態)を

失敗させるトラップにプレイするたび思えてきました。

しかし、60楽曲以上という大ボリュームなので

慣れてきた頃には楽しい時間に変わりそうです。

 

●STEP UP PLAYが楽しい

ランダム譜面やスコアをA以上、コンボを200以上等の

クリア条件があり、やり込める要素が沢山ありました。

SETP UP PLAYは長く遊べる要素なので、今後楽曲が増えた時にも

是非追加して欲しいな。と思える機能です。

ランダム譜面は、「○」と「→」の同時推しがあるとすれば

「○」と「↑」という複雑な同時押しへと変化していました。

個人的には、レインボーマーカーを「×」ボタンのみ押して

クリアという条件が、普段はとりやすいボタンを

押してプレイするので押した後に条件を思い出してしまい

難しいと感じました。

まだ、最後までプレイはしていませんが

最後の方の条件を見ると3曲プレイがあり

今までに無い感じのゲームだな。と思いました。

 

●MY LIST PLAYができる

3曲組み合わせて連続でプレイができるので、特訓したい曲

3連続や、好きな曲を3連続と遊ぶことができるので

 MY LIST PLAYは色々な目的で使用できました。

問題は曲が長いので、時間に余裕があるときにしか

使用できない。という事です。

  

 ●鑑賞モードが魅力的

映像推ししてますが、キャラが出るリアルタイムに関しては

正直DIVAの方が私は良いと感じました。

躍動感が少なく感じたのが原因かもしれません。

MVに関しては、今後出る楽曲にもあればいいなと思います。

VOCALOIDのゲームではPV鑑賞モードがあるので

オリジナル、ゲームオリジナルMVは嬉しいです。

 

●サービスモード

 60楽曲以上+今後追加で既にかなりの楽曲数なので

楽曲一覧を見て、プレイしたい曲があっても

解禁したいけど直ぐにできない。

しかし、1日1回だけランダムでプレイ(解禁してなくてもOK)

することができるサービスモードは、解禁して

またこの曲をプレイいたいな。という意欲に繋がるので

これから毎日楽しみにしてプレイしていきたいです。

 

●コスチューム、UI

コスチューム機能に付いては、私はデフォルトが

もとから好きですので、変えないため

特典コスチュームに楽曲は貰いましたがじっくり見てません。

UIカスタムはあまり種類がないのが残念でした。

楽曲と一緒に今後増えると嬉しい内の1つです。

 

 ●楽曲一覧

楽曲一覧を見て思うのは、じんさんの曲多すぎる。

六兆年と一夜物語が欲しかった。

楽曲について気になる方は公式ホームページを確認ください。

 

あくまでも個人的感想ですので

さらに詳しい内容が気になる方は公式ホームページを確認ください。

記事作成者:t.a
広告を非表示にする

Copyright (C) 2013 K.Trinity. All Rights Reserved.